HOME基金について請求手続き福祉施設事業宿泊保養施設基金加入のご案内Q&A関連リンクサイトマップ個人情報保護方針
 
65歳以上の取扱い
  • 65歳以降の年金は、総報酬月額相当額(賃金)と老齢厚生年金額(代行年金額を含む)の月額の合計額が46万円を超える場合、総報酬月額相当額(賃金)の増加2に対し、年金額(月額)1を停止します。
     65歳になるまでの在職老齢年金制度との相違点は、次の2点です。
総報酬月額相当額(賃金)と老齢厚生年金額(月額)の合計額が46万円までは全額支給
老齢基礎年金は全額支給(支給停止額の計算にも含まれません)
なお、基金の年金は70歳までは基本年金のみが支給停止の対象となり、加算年金は全額支給、70歳に到達すると、基本年金・加算年金ともに全額支給します。
総報酬月額相当額+老齢厚生年金額(月額)+代行年金額(月額)≦46万円
全額支給
総報酬月額相当額+老齢厚生年金額(月額)+代行年金額(月額)>46万円
支給停止額=〔総報酬月額相当額+老齢厚生年金額(月額)+代行年金額(月額)−46万円〕×1/2
【年金額が10万円の場合の計算例】
老齢厚生年金額(月額7万円)+代行年金額(月額3万円)=10万円
I.総報酬月額相当額30万円の場合
総報酬月額相当額と年金の合計額が46万円未満のため、国・基金ともに全額支給
II.総報酬月額相当額40万円の場合
支給停止額=(40万円+10万円−46万円)×1/2=2万円
・国の支給額=7万円−2万円=5万円支給(老齢基礎年金:全額支給)
・代行支給額=全額支給 
∴基本年金:全額支給 加算年金:全額支給
III.総報酬月額相当額50万円の場合
支給停止額=(50万円+10万円−46万円)×1/2=7万円
・国の支給額=7万円−7万円=0円⇒ 全額支給停止(老齢基礎年金:全額支給)
・代行支給額=全額支給 
∴基本年金:全額支給 加算年金:全額支給
IV.総報酬月額相当額60万円の場合
支給停止額=(60万円+10万円−46万円)×1/2=12万円
・国の支給額=7万円−12万円=▲5万円
 ⇒ 全額支給停止(老齢基礎年金:全額支給)
・代行支給額=3万円−5万円=▲2万円 ⇒ 全額支給停止
∴基本年金:全額支給停止 加算年金:全額支給
ページトップ  HOME