HOME基金について請求手続き福祉施設事業宿泊保養施設基金加入のご案内Q&A関連リンクサイトマップ個人情報保護方針
 
65歳になるまでの取扱い
  • 65歳になるまでの支給停止額は、原則として年金額(国の年金額+代行年金額)の12分の1(以下「基本月額」)が基準となり、基本月額と総報酬月額相当額(賃金)の合計が28万円までは年金は全額支給されます。
     基本月額と総報酬月額相当額(賃金)の合計が28万円を超える場合、総報酬月額相当額(賃金)の増加2に対し、年金額(月額)1を停止し、賃金が46万円を超える場合は、賃金が増加した分だけ年金額を停止します。
基本月額+総報酬月額相当額≦28万円
全額支給
基本月額+総報酬月額相当額>28万円
つぎの1〜4の計算式により支給停止額を算出します
1. 基本月額≦28万円   総報酬月額相当額≦46万円
支給停止額=(総報酬月額相当額+基本月額−28万円)×1/2
2. 基本月額≦28万円   総報酬月額相当額>46万円
支給停止額=(46万円+基本月額−28万円)×1/2+(総報酬月額相当額−46万円)
3. 基本月額>28万円   総報酬月額相当額≦46万円
支給停止額=総報酬月額相当額×1/2
4. 基本月額>28万円   総報酬月額相当額>46万円
支給停止額=(46万円×1/2)+(総報酬月額相当額−46万円)
【1の計算例】
基本月額≦28万円   総報酬月額相当額≦46万円
支給停止額=(総報酬月額相当額+基本月額−28万円)×1/2
  • 基本月額=18万円
      (国の年金額=月額13万円  代行年金額=月額5万円)
  • 総報酬月額相当額=40万円
     (標準報酬月額=30万円  過去1年間の賞与総額=120万円…月額ベース10万円)
支給停止額=(40万円+18万円−28万円)×1/2=15万円
・国の支給額=13万円−15万円=▲2万円 ⇒ 全額支給停止
・代行支給額=5万円−2万円=3万円 ⇒ 60%支給
 ∴基本年金:60%支給  加算年金:全額支給
【2の計算例】
基本月額≦28万円   総報酬月額相当額>46万円
支給停止額=(46万円+基本月額−28万円)×1/2+(総報酬月額相当額−46万円)
  • 基本月額=18万円
     (国の年金額=月額13万円  代行年金額=月額5万円)
  • 総報酬月額相当額=49万円
     (標準報酬月額=36万円  過去1年間の賞与総額=156万円…月額ベース13万円)
支給停止額=(46万円+18万円−28万円)×1/2+(49万円−46万円)=21万円
・国の支給額=13万円−21万円=▲8万円 ⇒ 全額支給停止
・代行支給額=5万円−8万円=▲3万円 ⇒ 全額支給停止
 ∴基本年金:全額支給停止  加算年金:全額支給停止
ページトップ  HOME