HOME基金について請求手続き福祉施設事業宿泊保養施設基金加入のご案内Q&A関連リンクサイトマップ個人情報保護方針
 
基金の在職老齢年金
  • 国の老齢厚生年金が受けられるようになったとき、基金からも年金が受けられますが、基金の年金も支給停止の対象となります。
     在職老齢年金の支給停止は、国の年金から優先的に行うことになっていますので、まず国の年金額から支給停止額を差し引きし、国の支給額を算出します。
     ここで、国の年金額から支給停止額を差し引いた結果が、ゼロまたはマイナスとなった場合、国の年金は全額支給停止となります。
     次に、国の年金額では停止しきれない(結果がマイナス)場合、代行年金額から残った支給停止額を差し引きし、基金の基本年金の支給額を算出します。
     残った支給停止額が代行年金額を上回る場合、基金の基本年金も全額支給停止となります。
     また、基本年金が全額支給停止の場合は、加算年金も全額支給停止となり、基本年金が1円以上支給されれば、加算年金は全額支給となります。
     なお、国の年金額から支給停止額を差し引いた結果が、ゼロまたはプラスとなった場合、代行年金額は支給停止されませんので、基金の年金は全額支給となります。
ページトップ  HOME