HOME基金について請求手続き福祉施設事業宿泊保養施設基金加入のご案内Q&A関連リンクサイトマップ個人情報保護方針
 
公的年金のあらまし
公的年金は「2階建て」
国の年金(公的年金といいます)は、家に例えると「2階建て」になっています。「国民年金」が1階部分、サラリーマンが加入する「厚生年金」が2階です。
○国民保険の被保険者
次の3種類に分けられています。
第1号被保険者
自営業、学生などで、保険料は自分で住所地の年金事務所へ納めます。 国民年金保険料は、所得により全額または半額免除される制度があります。
第2号被保険者
サラリーマンで、厚生年金の被保険者でもあります。保険料は厚生年金保険料として、一括して給与から天引きされます。
第3号被保険者
第2号被保険者に扶養されている20歳以上60歳未満の奥さまなどの被扶養配偶者で、その第2号被保険者が勤務する会社(事業主)から住所地の年金事務所に届出することになっています。なお、健康保険組合に加入している会社(事業所)は、健康保険組合が代行していますので、第3号被保険者の届出は健康保険組合に提出します。届出書は健康保険組合を通して、各年金事務所に提出されます。保険料の負担はありません。
○厚生年金の被保険者
法人の事業所に働くサラリーマンで、強制加入です。
ページトップ  HOME