HOME基金について請求手続き福祉施設事業宿泊保養施設基金加入のご案内Q&A関連リンクサイトマップ個人情報保護方針
 
基金に加入するとこんなメリットがあります。
事業主のメリット
・税制上、優遇される
基金に毎月納める掛金は、全額損金として算入されますので、実質の負担は大きく軽減されます。
・有能な人材の確保や定着につながる
福祉施設事業の導入により企業の信頼感が向上し、優秀な人材の確保や定着につながります。また、従業員の福利厚生が図れます。
・経営事項審査申請時に加点評価される
公共事業を行うための経営事項審査の申請に、「厚生年金基金加入の証明」が受けられると、加点評価の対象となります。
加入員のメリット
・同じ負担で多くの年金が受けられる
今までと同じ負担で、将来厚生年金だけに加入している人より多くの年金が受けられます。
・一ヵ月の加入でも年金は受けられる
国の年金は、原則として25年以上加入しなければ受けられませんが、基金の年金は1ヵ月以上加入していれば、それに応じた年金額が受けられます。
また、3年以上加入していれば、年金とは別に一時金が受けられます。
・福祉施設事業が利用できる
契約保養施設の利用料金の補助や割引など、福祉施設事業が利用できます。退職後も年金受給者として、継続して利用できます。
・年金相談に関するサービスが受けられる
老後の生活設計や年金に関する相談、年金に関する情報誌の配布、また年金の受給年齢に近づいた人を対象とした老後の生活設計を中心としたセミナーに参加することができるなど、きめ細やかなサービスを受けることができます。
 
ページトップ  HOME