HOME基金について請求手続き福祉施設事業宿泊保養施設基金加入のご案内Q&A関連リンクサイトマップ個人情報保護方針

利用補助金対象の契約保養施設 ――シティにリゾートにみんなの保養施設

加入員・年金受給者およびそのご家族の保養のための施設として、全国の旅館・ホテル・会館・ペンションなどと契約を結び、基金から補助金を支給しています。
らんざん (こちらをご覧ください)
船員保険会の施設 (こちらをご覧ください)
グリーンピア関連施設(基金ガイド参照)
パストラル関連の施設 (基金ガイド参照)
ハイツ&いこいの村の施設 (こちらをご覧ください)
(財)休暇村協会 (こちらをご覧ください)
奥多摩清流の宿 おくたま路 (こちらをご覧ください)
JTBの協定旅館・ホテル(国内のみ)
補助金の支給対象者
 加入員 

加入員と家族(配偶者および健康保険の被扶養者)
ただし、1泊の宿泊料金が3,000円未満および3歳未満と施設利用料のかからない者は対象外です。

年金受給者
年金受給者と配偶者
補助金の額
基金から、つぎの額を補助金として支給しています。
1人1泊につき……3,000円

ただし、加入員番号で管理していますので、同一の加入員番号による申し込みは年間(4月1日〜翌年3月31日まで宿泊)4泊までとなります。
(例)加入員、配偶者、中学生、小学生の4人家族の場合
6月15日(1泊)    家族4人で利用(補助金12,000円)
7月20日(1泊)    配偶者のみ利用(補助金 3,000円)
8月25日〜26日(2泊) 家族4人で利用(補助金24,000円)
9月14日        加入員のみ利用(補助金  不可)
利用人数にかかわらず、すでに同一の加入員番号で4泊利用しているため、加入員は3泊しか利用していなくても、9月14日分は、補助金の支給対象となりません。
*会社のグループ旅行や社員旅行などは補助金の対象外です。

利用者
各施設で定めた料金をお支払いください。
また、予約受付日は、各施設により異なりますので、お早めにご確認ください。
利用申込み・利用方法
  1. 利用者は、直接各施設へ予約申込みをしてください。そのさいに、「日本産業機械工業厚生年金基金」の加入員であることを伝えてください。
    JTBの申込みは、こちらをご覧ください。
  2. 予約が取れたら、お早めに「契約保養施設利用申込書」を基金事務局に提出してください。
    FAX 03(3593)0898でも結構です〕
  3. 当基金は、「利用券」を利用者に交付します。
  4. 利用者は、チェックインのさい、交付された「利用券」を提出し、精算時に基金からの補助金を差し引いた額を支払ってください。

    (注) 宿泊日当日および宿泊後の当基金への申込みには、補助金は支給できませんので、あらかじめご承知おきください。

利用の取り消し
  • 利用取消しの場合は、所定のキャンセル料を支払っていただきます。
  • 利用取消しをした場合は、利用券を基金宛返送してください。
ページトップ  HOME